日々の雑記帳
by dokkatouyu
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
独華陶邑

622.0233
京都府船井郡京丹波町森山田7
tel/fax 0771.82.1782

ホームページ














カテゴリ:思いのまゝ( 102 )
植物 原生  〈 西山隼人・三浦 豊・片桐功敦 〉
西山隼人さん、三浦豊さん、片桐功敦さんが、丹波の森を散策されて。静寂な森では、美しい営みが無数に存在していました。植物 原生 展では、それぞれの方々がどのような世界観をみせてくれるのでしょうか。
2016.5.13

e0197011_22053191.jpg
e0197011_22075578.jpg
e0197011_22025314.jpg
e0197011_22130306.jpg







by dokkatouyu | 2016-05-13 22:24 | 思いのまゝ
初夏のソウル 
e0197011_00184546.jpg

e0197011_00201241.jpg


by dokkatouyu | 2016-05-11 00:20 | 思いのまゝ
ようこそ
e0197011_22395716.jpeg

by dokkatouyu | 2016-04-27 22:46 | 思いのまゝ
さくら
e0197011_18295619.jpg
おおきな おおきなさくら 京丹波





by dokkatouyu | 2016-04-05 18:39 | 思いのまゝ
縄文への旅
福井、島根、福島と。

e0197011_23183802.jpg

e0197011_23182026.jpg

e0197011_23185331.jpg




by dokkatouyu | 2016-02-03 23:20 | 思いのまゝ
たね
山椒、自然薯、楓と。

e0197011_15493187.jpg

e0197011_15495377.jpg

e0197011_15501871.jpg



by dokkatouyu | 2015-12-19 15:56 | 思いのまゝ
百済と安東
ものの背景にある風土、造形を生み出す地形、いにしへの人々は自然にそこからものを作っていたのではないでしょうか。日本で見ていた百済、惹かれるかたちの背景にあるものを探ってみたくて、ずっと気になっていた百済を訪ねました。今回は、百済の地にいまだ佇む静かなる古の気配、百済土器の圧倒的な美しさに魅了されました。また幾度か訪ねて、その背景にあるものを少しずつ探してみたいと思いました。
安東は、安東布の作り手を訪ねて。韓国の方々の日常にある布でもあり、あの世とこの世を結ぶ布でもあり、そこに、たましいの原点をみることができるでしょうか。
『工藝新聞タタター 』の中で、古代から日本と関わりの深い韓国の工藝も、少しずつご紹介できればと思っています。2号は「布と衣」の特集です。今年の12月発行を予定しています。
工藝新聞タタター

e0197011_13085099.jpg

e0197011_12522265.jpg

e0197011_12535247.jpg

e0197011_12524816.jpg






by dokkatouyu | 2015-09-27 13:20 | 思いのまゝ
かみのひかりのあわ 水会展 Center for COSMIC WONDERにて


2015年4月26日、gallery白田のミエルかみ展で行なわれました
「 COSMIC WONDERと工藝ぱんくす舎 かみのひかりのあわ 水会 」
の展覧会が、8月2日-9月6日、Center for COSMIC WONDERにて開催されました。

e0197011_22564650.jpg

e0197011_23080354.jpg

e0197011_22555245.jpg

e0197011_23124902.jpg








by dokkatouyu | 2015-09-09 23:19 | 思いのまゝ
カルロ・スカルパ
偉大なるヴェネツィアの建築家、カルロ・スカルパ。
念願のオリベッティショールーム、ブリオン・ヴェガ墓地へ。
端々にまで精神が宿った建築は、実際の納まりの綿密さ、素材の使い方に驚きました。建築と工芸が融合した最も理想とする建築の在り方。綿密だけども精神の大きさを感じる建築。石の文化とイタリアの左官仕事、荒さと繊細さ、日本の数寄屋にも通じるものを感じました。


e0197011_2245332.jpg

e0197011_2234229.jpg

e0197011_2245440.jpg
by dokkatouyu | 2015-07-08 22:52 | 思いのまゝ
初夏の旅 
日差しの眩しい、6月のヴェネツィア。
水路が街を囲む古い建築群と行き交うたくさんの船、街の中に静かな波のゆらゆらとした光が輝いて、古びた石とレンガの建物が幾千にも連なって。

パラッツォ・フォルトゥーニに於けるPROPORTIO展示会に。
古美術と現代美術、空間と音楽と、人の生み出した概念やもの、古代と現代と宇宙観までもが自在に行き来し、あらゆる民族の霊性と時空とが複雑な角度から折重なっているような展示会でした。

e0197011_21594250.jpg


e0197011_22131084.jpg

by dokkatouyu | 2015-07-08 22:01 | 思いのまゝ