日々の雑記帳
by dokkatouyu
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
独華陶邑

622.0233
京都府船井郡京丹波町森山田7
tel/fax 0771.82.1782

ホームページ














工藝新聞 タタター「紙と木」創刊号
工藝新聞 タタターを創刊いたしました。
今の時代の中で、ものを生み出す、見出すということは、どういうことなのでしょう。ものづくりをする作り手の立場から、使い手の立場から、思想的な視点から、工藝の言語化しにくいところを言語化する試み。消費的なものづくりではない普遍的な人間の営みとしてのものづくりに焦点を当てていければと思っています。タタターとはサンスクリット語で、あるがままを意味する言葉。日英対訳となっています。

表紙は、前田崇治さんの土佐楮の和紙。
印刷は、孔版印刷と活版印刷。人の手と、こころがたくさん詰まった温かみのある新聞を目指します。


創刊号
特集 紙と木


石井直人   工藝のみえざる部分(陶芸家)
前田崇治    まっさらな白を求めて(紙漉師)
四釜尚人    惹かれるもの(しかまファインアーツ主宰)
川合優     人と自然・香り(木工家)
武田好史    極私的「数寄」論(日本美学 日本文化論)
石井すみ子  韓国の紙漉き 張紙房を訪ねて(工藝デザイナー )
前崎成一   工藝新聞タタター デザイン

一部 1000円+tax 発送も承ります。(送料90円)


下記のお店やギャラリーでも購入していただけます。

GALLERY M.A.P
みたて
古い道具(京都市北区等持院南町68-1)
紙漉思考室
福岡書芸院
福光屋
恵文社

by dokkatouyu | 2015-05-13 22:11 | お知らせ
<< ミエルかみを終えて 前田崇治さ... ミエルかみ 前田征紀 >>