日々の雑記帳
by dokkatouyu
カテゴリ:思いのまゝ( 90 )
朝のたのしみ
最近はフライパンで毎朝、パンを焼いています。
晩ご飯の支度時にパン種を仕込みます。

作り方はとても簡単。

強力粉 2カップ 、イースト 小さじ1、オリーブオイル又なたね油   大さじ2  
塩   少々、水  1カップ

これを混ぜてラップをし、朝まで寝かせておくと、倍ぐらいに膨らみます。

このように。

e0197011_22461127.jpg


あとは伸ばしてフライパンで両面3分程焼いて出来上がりです。

e0197011_22482074.jpg


胡桃や胡麻、レーズンなどを入れても風味が増して美味しいです。
天然酵母だと、よりやさしい味わいになります。

毎日苦にならない方法で、素朴なおいしい焼きたてのパンです。

e0197011_231249.jpg

by dokkatouyu | 2010-03-31 23:22 | 思いのまゝ
丹後
ここ数年、丹後へ通っています。
我が家から一時間程で日本海へ行くことできますが、栗田、日本三景の一つ天の橋立、舟屋の伊根、間人、鳴き砂の琴引浜、久美浜と隣り合わせの海岸でも、それぞれに独特の特徴があります。
美しい海の景色と古代から変わらない風景が、惹きつけられる理由です。

今回は、伊根の奥にある浦嶋神社(宇良神社)に行きました。
以前に浦島明神縁起を本で見て、なにかとても惹かれるものがありました。
波や松の写実的な表現、蓬莱山の描写、浦島子が着ている服、この絵師の中にはリアルに浦島の物語が入っていたように思えました。丹後へ通っていたこともあって、この物語が単なる説話ではないような気がしてきました。

浦嶋神社には高床式の社殿、立石の蓬莱の庭、大きな下がり松が印象的でした。
お祭りの準備で、残念ながら絵巻を見ることはできませんでしたが
また是非とも宝物館を訪ね、宮司さんの話を聞いて見たいと思いました。


e0197011_16253095.jpg

e0197011_16261531.jpg


神社から近くの本圧の海岸へ抜けてみました。

無数のかもめ達が、羽を休めていました。
浦島の物語は、中国にも同じような話があるそうですが、絵巻にあった風景がここにあり、なにか妙に頷ける感じがしました。


丹後の海は古代と現代との繋がりを感じさせてくれる場所であるように思います。

e0197011_16385393.jpg

by dokkatouyu | 2010-03-18 16:50 | 思いのまゝ
南宗寺
目的地はさる華道家の本拠をお訪ねする奇友との小旅行であったが、寄り道が堺南宗寺となる。どことなく、京の禅寺をみなれた目には南方の風が吹く空間構成、大阪夏の陣の折り一度焼失、沢庵和尚によって再興されたとゆうが、戦国時代を生き抜いた一級の人物の痕跡の集積地であった。一休、武野紹鴎、千利休、山上宗二、古田織部、家康とのただならぬ痕跡がちりばめられたアミュウーズとでもいえばよいのか、南方系禅風と日本芸道の要旨がここでぶつかり融合していたのはまちがいない。頭に陽の茶とゆう文字がうかんだ。 空に吹く風にぬけてゆく開放のお茶。本来もっていた自由自在のこころの在り処。戦国桃山の風が2月のつめたい雨と交差するように降っていた。
e0197011_0213790.jpg
e0197011_0262776.jpg

by dokkatouyu | 2010-02-20 00:27 | 思いのまゝ
松屋銀座展示会を終へて
松屋銀座での展示会が終了しました。
たくさんの方々にお越しいただきました。
ありがとうございました。

同じひとつのものを選ばれるにしても、それぞれの暮らしで
使い方が違ったり、感じ方の違いがあり、思いも寄らない発想を投げかけられる
こともあり、様々な方とお話ができるのはとても楽しい体験でした。

また、それを次に繋げていけたらと思っています。
e0197011_1953477.jpg



e0197011_19591049.jpg

by dokkatouyu | 2010-02-06 21:20 | 思いのまゝ
冬のソウルへ
先日、5日間ソウルへ行ってきました。
初日の朝は料理家のチェ・チウンさんとすけそうだらのスープのお店へ。
e0197011_22543716.jpg

朝早くから行列のお店です。
朝からこんなスープを食べればどんなハードな一日でも乗り越えられそうな気分。
出発前は体調不良でしたが、一気に元気になりました。

おいしいものが生まれるチェさんのキッチンスタジオの韓屋にて
e0197011_2395924.jpg





今回の旅の目的は、写真家のキムさんに会うこと。
今年の春、ソウルのカフェでキムさんの写真と出会いました。

韓国の田舎や浜辺の風景、簡素な建物を撮った写真は、どこか淋しく懐かしい感じがして、日本人の感性にも響くものがあると思いました。韓国だけれども、異国のような感じもして、みたことがあるような、ないような風景はなんだか惹かれるものがありました。
いつか白田でご紹介できたらと思っていましたが
今回、キムさんとお会いできて、来年の7月に白田の初の企画展として
写真展をしていただくことになりました。


気の合う友人と再会できるからでしょうか。
韓国から帰ってくるとまたすぐに行きたくなるのです。
by dokkatouyu | 2009-12-23 00:07 | 思いのまゝ
福岡
展示会のため、福岡に帰省。
2日間、お店に居てたくさんの方と話しをする。
お越しいただいた方々、ありがとうございました。
展示会は13日迄です。

独華陶邑のホームページを作ってくださったデザイナーの前崎成一さんhttp://maesakisei.exblog.jp/
と書家のお父様の個展にご一緒して。
会場は、あまねや工芸店と珈琲美美にて。

福岡、最終日は唐泊のかき小屋へ。
炭火でぱちぱち、殻付きの牡蠣やさざえなどを焼いて、そのまま食べる。
異国にきたような、ちょっとワイルドな風景。原始的風景?

その2日前、芥屋で父が釣ってきた大漁のアジとボラをひたすら捌いた。
その現場へ案内され、風が台風のようにとても強く、立ってられなく息もできない。
きれいな海が白く波立つ風景が目と心に焼き付いて離れない。
by dokkatouyu | 2009-12-10 23:36 | 思いのまゝ
盆から古窯へ
e0197011_0331738.jpg
先だって、金沢の所用の帰り、始めて山中温泉に寄り、我谷盆の一大展覧を見る。以前、富山文長堂より教えていただいた自給的な作行の盆であるが、あらためて、不思議な存在感に胸がひきつけられるようだ。
李朝木工の持つ無手勝流の仕事に近い。迅速な鑿のリズムに酔う。未練を断ち切って、一路さらに奥の谷に向かう。半時間ほど走らせると、水没した我谷村の奥にはいる。ここは古九谷の古窯跡だ。谷の風がやや寒い。左手に初代後藤才次郎さんの記念碑が屹立していた。最初期の窯跡は今まで訪れたもののなかで一番勾配が急であった。織部焼の元屋敷窯に近いか?孤立した環境であれだけの密度の仕事がなされておったことにこころになにかガツンと来る。最優品はたぶん40年内外の時期に集中しておることでしょう。多くの障害と困難の超克のかなたに存在する古九谷と呼ばれる存在の意味は計り知れないものがありそうである。
by dokkatouyu | 2009-11-12 01:09 | 思いのまゝ
ヌビ
e0197011_16102166.jpg

今年の春から月に一度、素夢子古茶家で韓国の伝統的な針技法、ヌビを習っています。
初めてのこころみですが、こども服に挑戦です。
仕付けの連続で、秋に入ってようやく刺し子に入りました。
生地は絹。中に綿が入っているのでなかなか針が通りにくく、何度も指を刺しながら
ようやくここまできました。
昔の韓国の針仕事の美しさには生活の厳しさの中にも心の豊かさが表現されていて
とても惹かれるものがあります。
一針一針さしていく過程の中、昔の人はどのような思いでこの作業をしていたのかな
と思いを馳せて作っています。

素夢子古茶家 www.somushi.com
by dokkatouyu | 2009-10-24 17:26 | 思いのまゝ
月光の下で
今日は中秋の名月の日、深夜、月はこうこうとあたりを照らしています。
庭の中が白銀の海のように静かな光りをたたえています。
蕎麦の白い花はひときわざわめくようにゆれているのです。
ひかりのしずくこころの奥にまで届く夜の景色。 
今日はひさかたぶりにろくろにむかう、ふかい土鍋を9つひく。
e0197011_22373094.jpg

by dokkatouyu | 2009-10-03 22:50 | 思いのまゝ
散歩
近所の畑には蕎麦の花が満開です。
ここ数日の雨できのこがたくさん出てきました。
柴栗ときのこ。

e0197011_13113153.jpge0197011_13115444.jpg
by dokkatouyu | 2009-10-03 13:14 | 思いのまゝ