日々の雑記帳
by dokkatouyu
カテゴリ:お知らせ( 137 )
工藝新聞タタターvol.1「紙と木」第二版を発行しました
工藝新聞タタターの創刊号、vol.1「紙と木」の第二版を発行いたしました。
内容は、下記の通りとなっております。
地方発送も可能です。
どうぞよろしくお願いいたします。

次号、vol.3 特大号「原始ノ布」は、5月頃に発行の予定です。




e0197011_18453922.jpg
e0197011_18441326.jpg




by dokkatouyu | 2017-02-25 18:56 | お知らせ
白田 臨時休業のお知らせ
1月 21日(土)22日(日)
積雪のため、臨時休業させていただきます。
よろしくお願いいたします。

e0197011_16353414.jpg

by dokkatouyu | 2017-01-18 16:38 | お知らせ
2017
新年あけましておめでとうございます
本年もどうぞ宜しくお願いいたします

e0197011_18072501.jpg


by dokkatouyu | 2017-01-02 18:08 | お知らせ
白田 年末年始営業のお知らせ
今年も、たくさんの方々にお越しいただきましてありがとうございました。
来年も精進して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。
2017年も、みなさまにとって素晴らしい一年でありますように。


年末年始は、
12月31日(土)、1月1日(日)7日(土)8日(日)はお休みさせていただきます。
14日(土)15日(日)は、通常通りです。

石井直人新作のやきもの、土鍋。
土屋美恵子さんのカシミアショール、縞の小風呂敷、織りの美しい藍のコースター。
石井すみ子の紙厨子、ハンサンモシエプロンなどを並べております。


e0197011_12562963.jpg

e0197011_12561406.jpg


by dokkatouyu | 2016-12-23 13:13 | お知らせ
石井直人 新作
11月に焼成しましたやきものを、並べ始めました。
大平鍋、炊飯鍋、煮込み鍋、粉引大皿、粉引輪花豆皿、都野津深鉢など。

e0197011_22140469.jpg

懐玄軒

by dokkatouyu | 2016-12-16 22:21 | お知らせ
窯焚き
一年半ぶりの窯焚きがはじまりました。

2016.11.13

e0197011_17305730.jpg

by dokkatouyu | 2016-11-14 17:32 | お知らせ
TAMPA OPEN
10月9日(日)- 11月13日(日)の期間、福岡のギャラリーマップにて
まぼろしのお店、TAMPAがオープンしました。

▷▷TAMPA


白田から、百済時代から伝わると云われる韓山モシを素材としたエプロン、大陸や日本の原生的なブナを材としたブナの椅子/川合優、古に大陸から伝わった須恵器の技法が日本で独自の発達を遂げた、焼〆と窯変のやきもの/石井直人、コズミックワンダーから、古代布、葛布と土佐楮和紙の手縫いのポジャギ、古いなめしの技法の白なめしの財布、「いづくにか古の衣のように」コレクションの衣、日光土心から、全国の作り手を訪ね歩き、時間をかけて収集した、生活の必要から生まれた日本の美しい手仕事の籠、水晶など、古代からいまを旅するかのように、ひとつひとつの素材や、かたちに触れていただきたいものが揃っています。

e0197011_17530763.jpg

e0197011_17552218.jpg

e0197011_17505530.jpg







by dokkatouyu | 2016-10-15 18:40 | お知らせ
TAMPA

e0197011_08451718.jpg
10月9日(日)ー11月13日(日)
11:00-19:00
10月17日以降は予約制となります

オープニングレセプション
10月9日(日)17:00から
古茶、古酒、古菓子をご用意してお待ちしております

白田 COMSIC WONDER 日光土心
ハクデン コズミックワンダー ライトアンドウィル

日本と大陸を渡りゆく古人のおもかげ
東の文化の到達地点である日本から生まれるものを
タンパの地をひとつの漂着地点とした
まぼろしのお店

丹波カップ・丹波高台鉢・タタラ皿・苧麻墨染め座布団・檜とい草のスツール
有機栽培木綿の仕事着・有機栽培リネンの夜着・手紡ぎ木綿のてぬぐい
手漉き和紙の座布団・葛布の野草袋
沢胡桃の籠・淡竹の籠・篠竹や山桜樹皮の籠・根曲がり竹の籠・水晶

GALLERY M.A.P
815-0071
福岡市南区平和1-2-23森山ビル2F
tel:092-521-0083


by dokkatouyu | 2016-10-01 09:05 | お知らせ
工藝の神無月
2015年10月7日(金)ー10日(月)
10:00-17:00
会場: 篠山市河原町鳳凰会館
兵庫県篠山市河原町180番地
丹波古陶館前[国重要伝統的建造物群保存地区内]

出展作家 
平山元康(陶)
小島 優(椅子)
野澤裕樹(木工)
石井直人(陶)
石井すみ子(工藝デザイン)
石田 直(織)
石北有美(型染)
山田洋次(陶)

主催/お問合わせ 丹波古陶館
669-2325 兵庫県篠山市河原町185番地
電話079-552-2524〈会期中直通電話090-9712-3332〉
休館日は月曜日。但し、祝日の場合は翌日



by dokkatouyu | 2016-10-01 08:41 | お知らせ
石井直人 すみ子展  Center for COSMIC WONDER

e0197011_22395329.jpg


幻景と真実の交差するところ
連綿と続くときの中にある
切りとられた ひとつのかたち

石井すみ子


e0197011_22421871.jpg


会期:

2016年9月17日(土)− 10月2日(日)
*9月17日(土)・18日(日)在廊いたします。


展覧会の開催を祝い、9月17日 (土曜)の午後3時から午後6時まで、石井すみ子による薬草茶屋がふるまわれます。

丁寧に支度された京丹波産無農薬素材より、神目箒、干しすだち、赤紫蘇茶、黒豆茶を同地京丹波の湧き水にゆっくり浸したお茶に、秋の果実や木の実の干菓子をそえて。


会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時 | 休館日: 水曜日

*臨時休館日: 9月12日(月)− 16日(金)


石井直人

大学在学中より、「土」を探る
中国山地山間部にて農耕生活の後、築窯に参加
伊賀、土楽陶苑にて修業 、亀岡での修作を経て
京丹波に登り窯を築窯
子供の頃に掘り出した須恵器や土師器が原点

丹波カップ、焼〆函、粉引大皿、窯変瓶、自然釉壺


石井すみ子

古典を学び「万葉人のすまい」の論文を契機に
インテリア、建築の仕事に就く
京丹波の古民家に住まい、暮らしの中からしずくのように
落ちてくるものをかたちにと、手仕事のものづくりを始める

苧麻エプロン、刺し子夜具、根来形コースター、銅鍋、漆皿



by dokkatouyu | 2016-09-06 22:46 | お知らせ