日々の雑記帳
by dokkatouyu
カテゴリ:お知らせ( 137 )
新年
あけましておめでとうございます。


お正月に読んだ本の中に 「洗心」という言葉がでてきました。
毎日体を洗うように、心も洗う。
客観的になれないだけになかなか難しい行為ですが、日頃の自分の行いを見直す。
今年一年、常に心がけたいことだと思いました。

今年もどうぞ、宜しくお願いいたします。
by dokkatouyu | 2010-01-09 17:56 | お知らせ
石井すみ子  手仕事の台所   福岡 木と星にて

福岡 大野城市 木と星にて

「石井すみ子 手仕事の台所」  12月1日(火)ー13日(日)7日休

e0197011_16415479.jpg









生活の中から、自然にものづくりができたらという思いで丹波で暮らして8年が経ちました。毎日の食事をつくることで、台所に立ちますが料理を作ることも日々の創作の一つと考えて、料理をする姿勢や基本は本や身近な人から知恵をいただいて、なるべくレシピ本に頼らず、素材から貰う力をもとに、自分の感覚を使うようにして台所に立ってきました。ですからなかなか料理上手になりませんが、
さまざまな発見から自然と出会ってきた道具や、こんなものがあったら、と作り手の方にお願いしてつくってもらってもの、自然と手仕事のものになりました。

木と星、西出さんのおおらかな人柄もお店の魅力です。

お越しいただけましたら幸いです。

木と星  福岡県大野城市雑餉隈町 5-3-11  092-571-7738
http://www16.ocn.ne.jp/~room-khs/
by dokkatouyu | 2009-11-18 16:42 | お知らせ
白田  臨時休業のお知らせ
13日(金)と15日(日) お休み致します。 14日(土)は通常通りです。
by dokkatouyu | 2009-11-12 01:14 | お知らせ
土鍋でごはん
11月6日(金)7日(土)8(日)
金沢、ファボリータさんで土鍋の展示会をいたします。
炊飯鍋、煮込み鍋、グラタン皿、オーブングリル皿、お鍋まわりの食器など。
炊飯鍋でごはんを炊いて試食会も行います。
お近くの方は是非、お越し下さい。
6日 16:00~    7日 12:00~ 頃より

場所: FAVORITA
〒921-8801 石川県石川郡野々市町御経塚2-160
tel 076-249-1988
e0197011_21484070.jpg
by dokkatouyu | 2009-11-03 21:53 | お知らせ
開窯十五周年記念小冊子    『 皿庭 』   
当窯の開窯は1994年なので今年で15年目となりました。
いろいろなことどもが思い起こされます。
ながくてみじかいみちのりの途上ですがここらですこしふりかえるのも良しと
小冊子を作ってみました。
寄稿はわが畏友武田好史さんと土田真紀さんにおねがいして、42pの作品を掲載。
デザインは山口信博さんにおねがいいたしました。
いろいろなかたがたのご助力でこんな形でまとめられたこと、ありがたいです。
e0197011_13533330.jpg
e0197011_13543427.jpg

by dokkatouyu | 2009-10-03 13:58 | お知らせ
石井直人 松韻ノ器展   於 すみや亀峰菴
京都 亀岡 湯の花温泉 すみや亀峰菴にて
「石井直人 松韻ノ器展」を催します。

2009.10月15日(木)ー31日(土)

テーマは松韻、私の登り窯における焼成では最初の焚き付けから1日は雑木などであぶってゆきますが、その後の3日あまりは赤松のみの焼成となります。
丹波の尾根筋に育った松はよく目もつまり、絶大な力を発揮することがわかってきました。
ふと、松の精をいただいておる仕事なんだなーとおもわせられます。
土をやきしめる力と温雅な表情は自然の奥からやってきます。
土と松の不思議なかかわりははてしなく。

すみや亀峰菴は湯の花温泉、亀岡の地にあって田舎の風情を大事に育てていこうとされている旅館で、お湯やお料理はさることながら、スタッフの方々、女将さんのこまやかなおもてなしには清涼な印象が残ります。ご縁あって、そのような旅館で展示会をさせていただく機会をいただきました。

なお、10月18日(日)には丹波松茸の昼食会が催されます。
食事会では小生の器が使われます。
詳しくは すみや亀峰菴ホームページ



e0197011_0292877.jpg
by dokkatouyu | 2009-09-29 00:31 | お知らせ
家器展   開窯十五周年記念
9月20日(日)ー27(日)まで工房で展示会を催します。
       12:00-18:00

窯から煙を上げて十五年が経ちました。
庵「懐玄軒」にて十五年間にできた作品の中から選んで展示いたします。
母屋では土鍋や食器などが並びます。

登り窯の隣に、小さなギャラリーを設けました。
名前は白田(はくでん)。はくでんとは畠の意。
作物ができるようにものが生まれることを思って。
展示会の初日、9月20日よりオープンいたします。
e0197011_2349504.jpg

by dokkatouyu | 2009-09-07 23:54 | お知らせ