日々の雑記帳
by dokkatouyu
ミエルかみを終えて 前田崇治さんのかみ
前田崇治さんに、展示会のお願いをしたのは2年程前でしょうか。
あるきっかけがあり、かみについて深く考えるようになり、いつか展示会をお願いできればと思っていました。私自身も生活の中で、前田さんの作られる紙を使わせていただいていて、常に傍にある紙でもありました。前田崇治さんの漉かれる紙は、存在に透明感があると言ったらいいのでしょうか。
素材としての紙の可能性をどこまでも引きのばしてくれるような紙漉きをされます。
今回の展示会もご参加いただいた方々とのやりとりの中で、ほんとうにさまざまなかみを作ってくださいました。ほんとうにお疲れさまでした。
今回、前田さんの漉かれるかみを通じて、かみについて、また自然と人との関係性をも更に深く考えることになりました。

e0197011_17532830.jpg


e0197011_17531957.jpg

by dokkatouyu | 2015-05-20 18:12 | 思いのまゝ
<< ミエルかみを終えて 井口和泉さ... 工藝新聞 タタター「紙と木」創刊号 >>