日々の雑記帳
by dokkatouyu
ヌビ
e0197011_16102166.jpg

今年の春から月に一度、素夢子古茶家で韓国の伝統的な針技法、ヌビを習っています。
初めてのこころみですが、こども服に挑戦です。
仕付けの連続で、秋に入ってようやく刺し子に入りました。
生地は絹。中に綿が入っているのでなかなか針が通りにくく、何度も指を刺しながら
ようやくここまできました。
昔の韓国の針仕事の美しさには生活の厳しさの中にも心の豊かさが表現されていて
とても惹かれるものがあります。
一針一針さしていく過程の中、昔の人はどのような思いでこの作業をしていたのかな
と思いを馳せて作っています。

素夢子古茶家 www.somushi.com
by dokkatouyu | 2009-10-24 17:26 | 思いのまゝ
<< 土鍋でごはん 月光の下で >>